口に響かせるために使う子音はM

Mの子音

Mの子音は日本語でいうと、マミムメモの子音です。

ボイストレーニングをしていて、Mの子音を使う主な時は、口に響かせたい時です。
ただ僕の順番としては、鼻の響きをまずしっかり入れて、
安定して響くようになったら、だんだんと口のほうに響かせていきます。

鼻に響かせる事はすごく良い事ですが、鼻だけに音が詰まっていると、
トーンが高すぎたり、ずっと聞いていると疲れたり、痛い感じの音になります。
そこで口のほうにも響かせることで音が安定して豊になります。

口に響かせると

声を大きくする時、口に響かせる事がとても大きな要素です。
Mのハミングをして口の中で音をため込むイメージや、口の中で音がまわっているイメージをすると響きやすいです。

口に響かせる事以外にも、Mのハミングは声帯を整える事もできます。

Mのハミングも取り入れてボイストレーニングしてみてください。

口に響かせる事については「ボイストレーニングでの口腔共鳴、中音域を響かせよう!」に詳しく書いてあります。