リップロールの効果

どうしてリップロールをするのか?ということですが以下のような歌う時に有効な良い事があります。

1.口まわりの筋肉を柔らかくすることにより歌う時に力むことを防げる。

2.唇をふるわせ続かせることにより呼気の息の量を一定に保つことができる。

3.喉への負荷が少ない状態で声を出せるた歌い始めや、ライブ前に最適。

4.喉への負担が少ないため喉を傷めることがほぼない。声がかれにくい。

5.声を力まずに出せるのでウラ声、ミックスボイスへのアプローチに良い。

などあります。

リップロールとは

リップロールとは口を閉じているままで息を吐いて唇を振るわせることです。
できない場合は口の形をいろいろ変えてみたり、頬をそっと触って口周りが脱力してから出してみるのがいいと思います。
次は声帯をつけて声を出している状態でリップロールをします。
唇が震えている音とアーという声を出している音がでます。
リップロールが止まらずにロングトーンや地声とウラ声を出せれば、声帯の開閉と呼気が良いバランスの状態で発声ができているということになります。声帯に負荷が少ない状態で発声をすることにより発声のバランスをとるには大変良いと思います。

ボイストレーニングを始める前や、ライブ本番前などにリップロールで声帯をあっためること、腹式呼吸の確認になりますのでぜひ皆さんやってみてください。