声門閉鎖が強い時に使う子音

Fの子音

ボイトレをしている時に、声がひっくり返ってしまったり、ウラ声が出せない時はありませんか?
それは声門閉鎖が強い時によくなります。
地声のまま高音に向かうと声帯は頑張って地声を出そうをします。
ただ地声で高音を出すのは限界があって、高さに耐え切れなくなるとウラ声にひっくり返ってしまいます。
これを改善するために、Fの子音を使います。
まず声帯に息をあててから発声する事で、ウラ声にスムーズにいけます。

地声からウラ声にスムーズにチェンジする感覚をFの子音で掴んでから、
母音や子音をいろいろ変えていきます。