プロの歌手と比べて何が違う

プロは必ず人を感動させる何かがある。

アーティストや歌手の魅力の大きな要素は歌唱力です。
歌唱力といってもたくさんの要素があります。
いくつか上げると音程、リズム感、ノリ(グルーブ)、表現、声質など。
そのバランスは人によって違いますよね。その違いが個性です。

自分が勝っている所、劣っている所

プロの歌手と比べて自分はどこが勝っているでしょうか?
またどこが劣っているでしょうか?
音程がしっかりしていてもリズムが合わない人もいますし逆もあります。
音程もリズムもしっかりしているけど、ノリがなかったり、
それらがあまりなくても声質がすごく良く評価される場合もあります。
でも共通しているのはプロはやっぱり人の心を動かす何かももっています。

苦手な所は克服しよう、得意な所はもっと伸ばそう

得意不得意は誰にでもあるので、良い所はもっと良く、苦手な所は克服できるようにしていく事で、
人に評価されるようになります。

プロ志向の方ももちろんですが、プロ志向の人でなくてもご自身とご自身の好きな歌手やアーティストを比べると、
課題はもちろん、自分の長所も見えてくるかもしれませんね。

歌はセンスが一番大事、しゃくり、間、抑揚、ノリをどう使っていくか」では歌のテクニックどこでどう使うかのセンスについて書いています。