「ボイトレコラム」の記事一覧

自分の歌とプロの歌

ボーカルコース

プロの歌手と比べて何が違う プロは必ず人を感動させる何かがある。 アーティストや歌手の魅力の大きな要素は歌唱力です。 歌唱力といってもたくさんの要素があります。 いくつか上げると音程、リズム感、ノリ(グルーブ)、表現、声 […]

レッスン中は鏡を見よう!

ボーカルコース

自分の姿を鏡でチェック 毎日のレッスンをしていて、「口を縦に大きく開けよう!」ということをよく伝えています。 生徒さんからすると、口を縦に大きく開けているつもりでも鏡でチェックすると実は口がまだ開くことがよくあります。 […]

Fの子音

ボーカルコース

声門閉鎖が強い時に使う子音 Fの子音 ボイトレをしている時に、声がひっくり返ってしまったり、ウラ声が出せない時はありませんか? それは声門閉鎖が強い時によくなります。 地声のまま高音に向かうと声帯は頑張って地声を出そうを […]

Mの子音

ボーカルコース

口に響かせるために使う子音はM Mの子音 Mの子音は日本語でいうと、マミムメモの子音です。 ボイストレーニングをしていて、Mの子音を使う主な時は、口に響かせたい時です。 ただ僕の順番としては、鼻の響きをまずしっかり入れて […]

Nの子音

ボーカルコース

鼻に響かせるために使う子音はN Nのハミング ボイストレーニングをしていて、鼻に響かせたい時は主にNの子音を使います。 Nのハミングをしている時は鼻腔に声が響いている状態です。 Nのハミングでンーと鼻に響かせてから「ア」 […]

子音を使ってボイトレの効果

ボーカルコース

響かせる場所によって子音を変える いつもボイストレーニングをしている時、いろんな子音を使いボイストレーニングしています。 なんの考えもなく子音を選んでいレッスンをしていると思われるかもしれないですが、 生徒さんの声の状態 […]

喉のケア 温湿度計

ボーカルコース

喉は乾燥に弱い 風邪予防でうがいなどしているはもちろんいると思いますが、喉は乾燥にすごく弱いんです。声を使う仕事をしている人は喉のケアをしっかりしてると思います。 うがい、マスク、喉飴といろいろケアはあると思いますが僕が […]

イヤートレーニング

ボーカルコース

聞く大切さ ボーカリストや演奏者で上手な方は耳が良い人が多いです。一流のアーティストになるほど、リスナーとしても一流の方が多いですね。 では、良い音楽を歌ったり、演奏するためにはどう音楽を聴けばいいんでしょう? 良い音楽 […]

洋楽の曲を覚えよう!

ボーカルコース

英語曲を歌う 洋楽の好きなアーティストはいますか? 日本の昔からの音楽もとても良いですが、日本で流れている音楽は洋楽の影響を大きく受けています。英語曲を歌うことで、ボーカリスト、アーティストとしてもリズム、メロディ、そし […]

レコーディング

ボーカルコース

オーディション、デモ音源に ここではレコーディングの事を書いてみたいと思います。 レコーディングというとCDを作るためにすることと思いますが、レコーディングをすることでCD制作の他にもいろんな良い事があります。 自分の声 […]

音痴矯正

ボーカルコース

音痴矯正は音の高さとリズムで解消 ここでは音痴矯正の仕方、音程をとるために意識する事を書いてみます。 音痴とは ・音の高さがわからない方 歌にはメロディがあります。自分が発声している声をメロディに合わせましょう。 合わな […]

ヘッドホンやマイクから聞く声

ボーカルコース

ヘッドホンやマイクを使うといつも通り歌えない 最近家でよく宅録していて思うことがあります。皆さんはこんな事ありませんか? ヘッドホンをして歌うといつもより力が入り、ついいつも通り歌えない。 毎日の練習の力加減 発声練習や […]

ライブをすると上達する

ボーカルコース

練習を重ねてライブ 日々のレッスンで、生徒さんの上達を実感することはよくありますが、 練習を重ね、その後人前で演奏するってことで上達が早くなると思います。 練習だけでもよくないし、ライブだけでもよくないです。 しっかりと […]

レッスンでの伝え方

ボーカルコース

どう伝えるか? ボイストレーニングはボイストレーナーから生徒さんへ基礎、技術のレクチャーをしていくことが多いですが、レッスン内容と同じように大事な事が「伝え方」です。 ボイトレの目的 ボイストレーニングの目的は、声を大き […]

ものまね

ボーカルコース

ものまねとボイストレーニング 今回はものまねとボイストレーニングの事を書いてみたいと思います。 ものまねをやりだして、少し似てるとなぜか嬉しいんですよね。 声帯の使い方や響きのポイントなどを起用に使って声を似せていくので […]

ボイストレーニングは楽器作り

ボーカルコース

声は楽器 楽器を演奏することは 楽器を演奏することは音楽です(すごく当たり前ですが) ギターに例えるとフレットがきちんと打たれていてチューニングが出来て音程がとれていて、弦がしっかり張られて、ギターボディに音が響き音がし […]

自分に合った音楽教室は?

ボーカルコース

大型スクールと個人教室 ボイトレ、ボイストレーニングスクールはたくさんありますが、今回はどんな教室があるか?書いてみます。 東京には多くのボーカル教室があり、大手スクールから講師個人でレッスンをしている教室まで様々です。 […]

音程(ピッチ)を安定させるには

ボーカルコース

音程(ピッチ)を安定させる方法 今回は音程「ピッチ」の事について書いてみます。 やっぱり生歌で歌いたい 最近ではボカロが流行っていることや、レコーディング技術の発達で一般的に売れている、出ているCDは、歌の音程修正されて […]

リズム練習の仕方 2

ボーカルコース

8分を両手で刻みながら歌う リズム練習の仕方その2では、前回好きな曲を流し、足踏みで2分を刻みながら右手で右ももを4分を叩き歌うところまでやりました。 もしここまでできない方はその2まで戻ってやってみてくださいね。 今回 […]

リズム練習の仕方

ボーカルコース

  音楽=リズム ボイストレーニングというと多くは高音発声やミックスボイスなどの練習になりますが、実は音楽を楽しんだり上達するためにリズムは欠かせないものです。音楽=リズムといってもいいほどです。歌っている時になんかリズ […]

オの母音での発声

ボーカルコース

オの母音での発声の良い効果とは オの母音はアより口の奥に広がり、唇が少し狭い状態です。 日本語のオは唇をウに近く閉じてしまいますが、これだと響きが豊かにはならないためレッスンの時「もっと深いオ」しよう!とよく伝えます。深 […]

エの母音での発声

ボーカルコース

エの母音での良い効果とは レッスンをしていてエの母音が苦手な人がとても多いと思います。 それはエは口が横に開き響きが潰れてしまうから。 口の形は縦に開けているほうが響きますのでボイトレコラムの「口に響かせる」で詳しく見て […]

ウの母音での発声

ボーカルコース

ウの発声での良い効果とは ウの母音の口の形はオから少し口を閉じて空間が狭い形です。そして唇がとがらせるとウになります。ウは口が閉じてしまうため響かせるのが難し母音ですね。 どのポジションに響きやすいか ・胸の低音は舌根が […]

イの母音での発声

ボーカルコース

イの発声での良い効果とは イはアイウエオの中では空間が狭い母音になりますが響くポジションと音域の出しやすさを欠いてみます。 どのポジションに響きやすいか ・胸の低音は舌根が上がり口が狭く胸には共鳴しにくい母音です。 ・口 […]

アの母音での発声

ボーカルコース

アの発声での良い効果とは アの母音での発声はどのような効果があるか、アの発声で有効なボイトレ方法はどんなものかを書いてみます。 アイウエオの中でもアの母音は横縦と喉を一番大きくを開いている状態です。 アの母音で発声するこ […]

ボイトレをする時に選ぶ母音

ボーカルコース

アイウエオどの母音を使いボイトレするかは目的により変わる アエイオウの特徴です。 ~ア~ アは一番ボイストレーニングに使う母音になります。アはアイウエオの中だと口が一番大きく開いている母音です。喉が閉まってしまう場合や、 […]

高い声の声門閉鎖

ボーカルコース

高音でも声帯の開け閉めができる 声門閉鎖を掴む高音編を書いてます。 低音の地声で声帯閉じてから息の量だけのエッジボイスを出すのはできましたか? 地声では比較的やりやすいのでバランスの良い芯のある声を作ってみましょう。 声 […]

声門閉鎖

ボーカルコース

声が出る仕組み 声は声帯があり閉まっていてそこに息があたり声帯が擦れ音がでます。 低音でも高音でも、ボイストレーニングをする時、喋る時、歌を歌う時は声帯をバランスよく鳴らすことはとても大事なことになります。 声帯を閉める […]

エッジボイス

ボーカルコース

エッジボイスを出してみよう! 声帯の閉める力、声門閉鎖のバランスをとるためにエッジボイスを使ってみようと思います。声が共鳴する場所(鼻腔、口腔、胸)などを大きく響かせていても、原音(最初になる音)が鳴っていないと音は共鳴 […]

地声とウラ声をひっくり返してみる

ボーカルコース

地声とウラ声の感覚を掴む 毎日レッスンをしていて高音発声のボイストレーニングやミックスボイスを出すためのボイストレーニングに重点をおく事が多いです。やっぱり自分の思う通りに歌うための一つとしてミックスボイスや高音を楽に出 […]

胸共鳴

ボーカルコース

胸の響きは空間ではない 鼻の響きや口の響きと比べて、胸の響きは空間ではない所が大きな違いになります。 自分の胸を軽く叩いてみるとどんな音がしますか? 低音でドンドン音がしますね。胸じゃなくても空間がない場所を振動させると […]

口腔共鳴

ボーカルコース

口腔の響きを使えるようにする 今回は声が共鳴するポイント鼻と口と胸、3つの中で口腔の共鳴を使えるようになりより深み輪郭がしっかりしている声を目指してみようと思います。 ハミングはNのハミング、Mのハミングとありますが今回 […]

響く声で歌うためには

ボーカルコース

響を聞き取り、発声する。 共鳴は見えない物なので耳で聞いていて響いている音や声を聞き取れることがすごく大切です。 共鳴している声を歌えるようになるために 2つの必要なことがあります。 1.共鳴している声を聞けるようになる […]

倍音とは

ボーカルコース

声の響き、倍音を出してみよう! 倍音とは、響き。響きとは倍音。 音楽をやっていると倍音という言葉をよく聞くと思いますが、簡単にいうと生の楽器や声や音の共鳴音のことを言います。 生の楽器や音にはもちろん歌声もそうですし、ア […]

タントリル

ボーカルコース

タントリルの効果 タントリルも歌う時に必要な良いことがたくさんあります。 1.舌の筋肉が柔らかくなる。 2.舌を継続して振るわせることにより呼気を一定に保てる。 3.喉への負荷が少ないため歌いはじめやライブ前に最適。 4 […]

鼻腔共鳴

ボーカルコース

鼻の響きとは? ボイストレーニングの共鳴トレーニングで主な目的のひとつとして鼻の響きがあります。 鼻の響きとは、鼻腔という小さな空間に音を共鳴させ増幅し倍音作ることです。 鼻腔の倍音がなくても歌は歌えますし、上手な方はい […]

ハミング

ボーカルコース

ハミングとは ハミングとは「ウンウン」と相づちをうつ音や、鼻歌の音の事を言います。 唇を開けない状態で声を出し口からは音が出ないようにして鼻から声が出ることをいいます。 大きく分けてハミングは2つ。 1.Mのハミング M […]

声は共鳴する

ボーカルコース

声を響かせると歌う時に良い事がたくさんある 音は空間や物に振動して大きくなります。歌う時の声や、しゃべる時の声ももちろん同じで震動し響く事により声帯や喉は楽な状態で声量が増し遠くまで届く声となります。声は声帯が閉じている […]

リップロールはすごい!

ボーカルコース

リップロールの効果 どうしてリップロールをするのか?ということですが以下のような歌う時に有効な良い事があります。 1.口まわりの筋肉を柔らかくすることにより歌う時に力むことを防げる。 2.唇をふるわせ続かせることにより呼 […]

ミックスボイスを習得しよう!

ボーカルコース

①地声とウラ声を出してみよう! 画像は「声の高低と声帯負荷の関係」です。 多くの方が「高い声が出ない」という悩みを抱えていると思います。 そこでミックスボイスを作るために最初にしたいことを今日はご紹介します。 地声とウラ […]

歌で使う腹筋を鍛える

ボーカルコース

「歌を歌うための腹筋」の筋トレ方法をご紹介。 鍛え方はとても簡単ですが、腹式呼吸の支えとなるお腹の筋肉を正しく動かせるまでは時間がかかりしっかりとしたトレーニングが必要なんです。 まずは、「丹田」と言われるお腹を動かす位 […]

腹式呼吸 支えとは

ボーカルコース

丹田に力を入れて支える 今回は腹式呼吸の「支え」のことを書いてみます。 ボイストレーニングをしていると、よく丹田(たんでん)に力を入れるとか、おへその指三本くらい下に力を入れてと言いますが丹田って何かと思いますよね。 丹 […]

ページの先頭へ